エンジンオイルの選び方~エンジンオイルの規格について~

いつもJDAオフィシャルショップにご入場頂き、誠にありがとうございます。

今回はエンジンオイルの規格についてお伝えしたいと思います。

エンジンオイルの選び方~エンジンオイルの規格について~

エンジンオイルの規格とは大きく下記の4種類があります。

・API規格
・ILSAC規格
・ACEA規格
・SAE規格

それぞれ確認していきましょう

API規格とは

アメリカ石油協会(American Petroleum Institute)がエンジンオイルの品質を定めた規格です。エンジンオイルの品質を使用条件によって分類しています。ガソリンエンジン用オイルなら「SA」~「SP」までのグレードに分けられ「ディーゼルエンジン用オイル」なら「CA」~「CK-4」までのグレードに分類されています。

ILSAC規格とは

国際潤滑油標準化認定委員会(International Lubricant Standardization Approval Committee)が、API規格の「SH」以上のグレードを基に「省燃費性」を定めた規格です。
「GF」で表記され、該当商品はAPI規格とともに表記されています。

ACEA規格とは

欧州自動車工業会によって2012年、2016年、2020年と4年ごとに新規定が追加されている、長距離を高速走行する機会が多いヨーロッパ仕様のオイル規格です。高温、高負荷の走行耐久性に優れます。エンジンが高温になるため、部品クリアランスも国産車に比べ大きくとられています。油膜が厚くエンジン保護がされており、一般的にAPI規格より割高になります。

SAE規格とは

アメリカ自動車技術者協会(Society of Automotive Engineers)機械関連の専門家を会員とするアメリカの非営利団体がオイルの硬さ(粘度)を定めた規格です。
例)10W-40・・・【10W】は、寒い時のオイルの硬さで【W】は、WINTER-冬のWで、寒い冬での粘度の度合いを表したものです。後の【40】は、オイルが高温時での粘度の度合を表しています。

車種によって選ぶオイル規格も変わってきます。メーカーが指定する油種がありますので、そちらを参考にしてみてください。ただし、最適なオイルを選ぶための判断基準はそれだけではありません。次回ではそちらについて説明したいと思います!

関連記事

最近の記事

  1. エンジンオイルの交換に必要なものは?事前に準備する道具を詳しくご説明!

  2. エンジンオイル交換で種類を間違えたらどうなるのか?

  3. エンジンオイル交換はアポなしでOK?作業にかかる時間について

過去の記事

ショッピングサイトへ
TOP