エンジンオイルとは?

いつも弊社のオフィシャルショップにご入場頂き、誠にありがとうございます。

初めにですが、エンジンオイルについて下記のようなお悩みを持たれたことはありませんか?

  • エンジンオイルを自分で入れたいけどどれを選べばいいかわからない….
  • 買ってみたもののどのように使用すればいいかわからない….
  • 交換の頻度はどれくらいなのだろう….

まだまだエンジンオイルについてわからない方も多くいらっしゃると思います。

こちらのブログでは項目ごとにシリーズ化としてお悩みに答えていければと思っております。

ぜひ迷った際はご一読ください!

エンジンオイルとは?

そもそもエンジンオイルって?

記念すべき第一回目はエンジンオイルとはそもそも何なのかというところをお伝えします!

エンジンオイルとはエンジン効率を上げるための潤滑油になります。

エンジンオイルはエンジン下部に備えられたオイルパンに蓄えられており、オイルポンプを通して全体に流れていきます。いわゆる血液みたいなものなのです。

エンジンオイルの役割について

エンジンオイルの役割としては

潤滑

クランクシャフトやカムシャフトなどの回転する金属部品をスムーズに動かすこと。

密閉

ピストンとシリンダーの隙間を防ぐ。

洗浄

エンジン内部の異物を洗い流すこと。

冷却

エンジン内部の熱を下げて効率を上げること。

防錆

エンジン内の錆を防ぐ。

があげられます。

エンジンオイルには様々な用途がある為、車には欠かせないものとなっているわけです。

関連記事

最近の記事

  1. エンジンオイルの交換に必要なものは?事前に準備する道具を詳しくご説明!

  2. エンジンオイル交換で種類を間違えたらどうなるのか?

  3. エンジンオイル交換はアポなしでOK?作業にかかる時間について

過去の記事

ショッピングサイトへ
TOP